形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談


形成外科陥入爪・巻き爪

デザイン性を重視した窮屈な靴を履き続け、爪の痛みを訴える人が多くなってきています。爪の変形を治療する場合、従来は爪を抜くという処置だけだったので再発するケースが多く見られました。

しかし、形成外科での最新治療をお受けになれば、ほとんど再発することはございません。

浜口院長から陥入爪・巻き爪について

爪が皮膚に食い込んでしまった「陥入爪」や「巻き爪」は、そのままにしておくと大変危険です。細菌に感染され、激痛を訴え、歩けなくなることもあります。手術すると治ることが多い疾病ですので、早期の治療をお勧めします。爪の治療には「健康保険」が適用されます。

陥入爪・巻き爪のQ&A

陥入爪の手術ってどんなものなのでしょうか?
一般的には、まず食い込んでいる爪の根元を縛って駆血し、爪の左右の脇を切開。正しい爪の形をデザインして縦に線を降ろし、余計に食い込んで左右に巻き込んでいる部分を切開します。皮膚をめくって、中の爪を作る細胞のブロックを取り除き、皮膚をもどし縫合して完了です。今度、爪が生えてくるときには切った部分より外側に生えてくることはありません。つまり、爪の幅を狭くする手術です。
料金例 健康保険取扱い
陥入爪・巻き爪 1趾5,000円〜8,000円程度
(術前血液検査2,000円程度)
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで