形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談


一般皮膚科尋常性白斑

尋常性白斑とは

尋常性白斑は、皮膚の色が部分的に抜けて白くなってしまう皮膚病で、全身の皮膚であればどこでも発症する可能性があります。

尋常性白斑は白く色の抜けた部分と、周辺の色素の残っている部分の境界が、線を引いたようにくっきりと分かれているのが特徴です。湿疹や皮膚炎のあとに部分的に色素脱失を起こし一部の皮膚が白くなることがありますが、よく見れば境界はぼやけています。また高齢者の皮膚によく見られる小さな白い脱色素斑は、多くが老人性白斑と呼ばれる一種の加齢現象で尋常性白斑とは異なります。

尋常性白斑のほとんどは部分的に肌が白くなること以外に特別な症状はありませんが、まれに甲状腺の病気や眼の病気、自己免疫性疾患といった病他の気を合併することがあります。このため、念のため血液検査を行ったり、眼科や内科を並診したりすることがあります。

尋常性白斑は慢性的に進行し、治療を開始しても完全に病気の進行を止めたり、白くなった皮膚を元に戻すのはなかなか困難な疾患です。

原因

尋常性白斑の原因はまだ解っていません。しかし皮膚の病理組織検査で、自分の免疫細胞の一部が色素を作る細胞を攻撃している像が確認されており、何らかの局所的な免疫の異常が疑われています。

治療方法

薬物療法

ステロイド外用薬

白斑の外用治療として最も多く使われています。免疫の異常や炎症を改善します。

活性型ビタミンD3外用薬

ステロイド外用治療薬より効き目は緩やかです。そのかわりステロイド外用薬のように、外用した部分の抵抗力が落ち感染に弱くなる、長期間連用すると場所によっては皮膚が薄くなる、といった副作用は見られません。

光線療法

専用の機器を用い、紫外線を患部に照射し治療します。頻回の通院が必要、皮膚がんの発生率が上昇する、などのリスクがありますが、白斑に対し効果が見られる場合があります。

ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで