形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談

  • 目的・症状で探す/たるみ

たるみ

皮膚は、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素細胞)にメラニン色素を作るように働きかけます。 人間の生物学的ピークは18歳という説があるように、顔のたるみは20代後半から目立ち始めます。医学的にみれば、タルミはシワとよく似たメカニズムで現れますが、加齢による皮膚の弾力性の衰えや表情筋、皮下組織の衰えが大きな要因です。人によって、タルミとシワのどちらかもしくは両方が「肌の老化現象」として現れるとも言えます。

肌がたるまないように支えている物質は、真皮層に多く存在している「コラーゲン」や「エラスチン」。若いうちは、コラーゲンは豊富で、エラスチンも密ですが、老化が進んでくると、コラーゲンも減り、コラーゲンを繋ぎとめているエラスチンももろくなります。そして、皮フや皮下組織を支えるのが困難になり、タルミとなってしまいます。

「コラーゲン」「エラスチン」以外の原因としては、「表情筋の老化」や「皮下組織 のゆるみ」があげられます。目元がたるむ原因は、眼の開閉をつかさどる眼輪筋と上 眼瞼挙筋の衰え。頬のタルミは、頬を引きあげる表情筋の衰え等が関係しています。 「紫外線の浴びすぎ」「乾燥」「ストレス」「無理なダイエット」「運動不足」「偏った食生活」「睡眠不足」などもタルミの遠因となります。日頃から、タルミを作らないという心掛けとケアが大切です。

引用元:浜口クリニックのたるみ治療サイト
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで