形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談


image

美容外科二重まぶた

治療法には『埋没法』と『切開法』があります。埋没法は、糸で眼瞼を止めて二重をつくる方法。 髪の毛と同じぐらいの細い医療用の糸を瞼の皮膚に1〜2ヵ所埋め込むだけで、自然な二重瞼を形成します。 治療は短時間で済み、術後の腫れもほとんどありません。切開法は、眼瞼に切開を加えて二重をつくります。余分な皮膚や脂肪も同時に切除しますので、すっきりした眼瞼になります。術後は少し腫れますが、1週間程で治まります。抜糸は術後6日目位。

浜口院長から二重まぶたについて

瞼にたるみの少ない人や、美容外科手術を始めて受けられる方には「埋没法」が向いています。手術前の目に戻すことも可能で、比較的簡単に行なえます。
これに対し「切開法」は、アクセントを強調した二重にしたい方や腫れぼったい目を直したいという人にお薦めしています。
この他、瞼の余った脂肪を除去し、腫れぼったさを解消してスッキリした目元に変える『脂肪除去』、眼瞼の端を切開して、大きく印象的な目元をつくる『目頭切開・目尻切開』も当院の診療科目となっています。

二重まぶたのQ&A

初めてなので、ちょっと不安なのですが・・・?
糸で留めるだけの、初めての人でも不安なくできる「埋没法」をお薦めします。麻酔注射をして、皮膚の下二ヵ所ほどを糸で留める療法です。メスを使わないため傷が残らず、結果が気に入らない場合、手術直後なら糸を抜けば元に戻ります。あまり細かいデザインを希望されても応えかねるという欠点はありますが、自然に仕上がるのでお薦めの療法です。
くっきりとした二重まぶたにしたいのですが・・・
目の表情をかなり変化させ、すっきりした二重まぶたに仕上げる「切開式重瞼(じゅうけん)術」がお薦めです。これは、メスを入れて上まぶたの余分な皮膚や脂肪を切り取り、二重を作る療法です。シワ・たるみ取りの手術に準じていますから、ある程度年齢の高い人に向いています。
手術後、まぶたの状態はどんな感じですか?
「埋没法」では、術後の腫れは一週間ほどで引きます。一方、「切開式重瞼術」では、抜糸までは5〜7日を要し、「埋没法」よりも腫れがきついです。一日だけガーゼを貼っていただきますが、翌日から外せますし、外から糸が見えますがそのまま普通に生活できます。ガーゼを貼るのは切った部分だけですから、視力に影響はありません。
手術後、傷は残らないでしょうか?
「埋没法」では、メスを使わないため傷が残りません。ただ、縫った後に針穴のような跡が少しできますが、腫れが引くころには針穴の跡も塞がり、普通にメイクすることができます。一方、「切開式重瞼術」では、傷跡は赤く、三ヶ月ぐらいの間少し残りますが、だんだん目立たなくなります。その後、まったく消えるわけではなく、うっすらとは残りますが、目を開いている状態や、まばたきぐらいでは分かりません。
手術前に戻すことは可能ですか?
「埋没法」は、元の状態に戻すことができます。ただ、手術する先生によって糸の結び方が違うため抜くのが難しい場合もあります。糸を抜きたい場合は、手術をした先生の所に行かれる方がいいでしょう。一方、「切開式重瞼術」は術後修正がしにくい上、元に戻すのは不可能です。
自然と手術前に戻ったりしませんか?
「切開式重瞼術」はほぼ一生もちますが、「埋没法」はどうしても糸が緩んできますから、何年か経つと二重の線はうすくなってきます。極端な場合は消えてしまうこともあります。年を取って皮膚がたるみ、二重の幅が狭くなってくる人もいます。手術は簡単ですが、これで一生もつというものではありません。
まぶたのへこみを治すことは可能ですか?
まぶたがへこんで老けて見える印象を変えたいという人には、脂肪注入がお薦めです。上まぶたの窪んでいる部分に、少しだけ脂肪を注入するとすっきりします。
料金例
埋没法40,000円(税抜)
切開法150,000円(税抜)
目頭切開120,000円(税抜)
目尻切開120,000円(税抜)
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで