形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談

  • 目的・症状で探す/しみ

しみ

皮膚は、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素細胞)にメラニン色素を作るように働きかけます。

約80%といわれるほとんどのシミは皮膚の表皮にメラニンが増加し、沈着することによって発生します。 本来、メラニンは紫外線から肌を守るためのものなのですが、シミの原因にもなるというチョット分かりにくいシミのメカニズムです。 ですから一時的な日焼けであれば数か月もするとメラニンは消失し、シミの原因とはなりません。多くの紫外線を浴び、「色素細胞」の性質が変異してしまった場合に限ってメラニンが過剰に作られ、シミになるというのが正しい紫外線〜メラミン〜シミの関係です。 つまり、単純には紫外線とメラニンはシミの原因とは言えず、真犯人は「長時間もしくは長期間にわたって過剰に浴びてしまった紫外線」ということになります。

「加齢」による代謝の低下もシミの原因になります。代謝機能の低下によってターンオーバー(新陳代謝)もスムーズに行われにくくなるためメラニンが排泄されにくくなり、シミの原因となります。年齢とともにシミが目立つようになるのはこのためです。シミは、医学用語では「老人性色素斑」と呼ばれるのもうなずけます。 しかし、幾つになってもシミひとつない方がおられるかと思えば、若くしてシミで悩まれる方もおられます。医学的には、一概にこの個人差を論ずることはできませんが、簡単に述べるなら『生活習慣の差』ということになるでしょうか。 肌が美しく保たれるのは、皮膚のターンオーバーが順調に行われるからです。正しいターンオーバーを繰り返すには肌を清潔に保つこと以外に、「運動」「栄養」「休養」が必須条件となりますので、運動不足、偏った食生活、睡眠不足などはシミの遠因となります。

日焼けによるシミや加齢によるシミの他にも、シミには様々なタイプがあります。「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる疾患がありますが、これは女性ホルモンの影響による成人女性にできるシミです。妊娠・出産時のホルモンの影響で悪化するものもあります。このように、シミはいろいろな要素が混ざっている場合が多い皮膚の疾患です。

引用元:浜口クリニックのシミ治療サイト
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで