形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談


image

美容皮膚科シミ・ソバカス

一口にシミといっても、様々なタイプがあります。日焼けによるものや加齢によるものなど、いろいろな要素が混ざっている場合が多い疾患です。

「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる皮膚疾患がありますが、これは女性ホルモンの影響による成人女性にできるシミです。妊娠・出産時のホルモンの影響で悪化するものもあります。

シミの治療には茶や黒いアザに対してと同じレーザーを使いますが、効くもの・効かないもの
があります。肝斑では、逆に濃くなってしまうこともあります。

浜口院長からシミ・ソバカスについて

実際のシミの状態を目で見れば、どういうタイプのシミなのかおおよその判断はつきますが、基本的にはまず慎重な『テスト照射』を行ないます。レーザーが効かないタイプのシミには、「内服薬」「外用薬の漂白剤」「フォトRF(オーロラ)」による治療に切り換えます。
若い人の雀卵斑(そばかす)や年配の方にできる色の濃いシミも、レーザー治療で傷跡を残さずに治療することができます。テープかぶれや外傷の後の色素沈着は「フォトRF(オーロラ)」が有効です。

シミ・ソバカスのQ&A

レーザー照射後の状態はどんな感じですか?
レーザー照射後は1週間ほどでカサブタができ、少し黒っぽい色になります。レーザーを当てた場所には傷が早く治るように、カサブタが剥がれるまでの間、軟膏を塗っていただきます。早い人は3〜4日、通常なら1週間前後で剥がれます。カサブタが剥がれた後も、日焼けには特に注意が必要です。紫外線に当たると色素沈着しやすいので、UVメイクなどで保護してください。
レーザー照射後、治癒までどのくらいかかりますか?
日焼けとは無関係に、レーザー照射による「炎症性の色素沈着」が起こることがあります。照射から3週間〜1ヶ月後ぐらいに発症するもので、カサブタも剥がれ、シミも取れて良かったと安心しているころに起こります。炎症が鎮まればまたきれいになりますが、予防のため漂白剤の外用をお勧めしています。
シミの程度や種類によっては1回で取れない場合もあります。その場合約3か月間隔をあけて再照射します。
シミの治療は保険が効きますか?
通常は保険が使えません。シミの中でも盛り上がってイボを合併している場合は他の治療法になりますが保険が使える場合もあります。
料金例
シミのレーザー治療1センチ四方10,000円(税抜)
漂白軟膏1本2,625円
フォトRF(オーロラ)1回 15,000円(税抜)
5回セット 65,000円(税抜)
自宅でのケアにピーリングソープハイドロキノンソープの使用をお勧めします
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで