形成外科 皮膚科(健康保険取扱) 美容外科 美容皮膚科 浜口クリニック梅田 大阪駅から徒歩1分

Medical Blogfacebook浜口クリニック公式LINE 繁体簡体

06-6371-2136お電話での受付時間 10:00〜19:00
土曜日は18:00、祝日は17:00まで

サイト内検索

ご予約ご予約 メール相談ご相談

  • 形成外科/ほくろ除去(黒子/ホクロ)

image

形成外科ホクロ(黒子/ほくろ)

ホクロの治療は「レーザー」で取り除く場合と、「メス」で切除する場合があります。メスを使って外科的に除去する方法は傷跡がホクロの直径より少し長く残りますが、レーザーの場合はホクロ以外の余分な箇所に傷がつかないメリットがあります。

一般的に5ミリ以下のものはレーザー治療が向いていますが、1センチを超えるような大きいものはメスで切除します。

浜口院長からホクロ(黒子/ほくろ)について

当院では、ホクロの大きさや場所によってメスや電気メスを使って切る方法と、炭酸ガスレーザーを使って高温で気化させて除去する「蒸散」という方法を選択します。いずれも手術に必要な時間は「5〜30分程度」で、術後の痛みもほとんどありません。
ただのホクロと思っていても悪性の場合もありますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

ホクロ(黒子/ほくろ)のQ&A

ほくろ除去手術後の状態はどんな感じですか?
ホクロは表面に出ている部分だけではなく、皮膚の下に「根」となる細胞があり、その部分まで除去しないといけないため、レーザーの場合でも多少皮膚に穴が開きます。術後に開いた穴は、自然治癒力によって徐々に創傷治療され、塞がっていきます。
しかし、顔のホクロであれば施術直後に顔を洗っても構わないし、体のホクロであれば入浴も問題ないということです。処方された「軟膏」を塗るだけで、徐々に治っていきます。
ほくろは再発しませんか?
術後に「黒い点」がポツンと浮き出てくるのは細胞の取り残しが原因です。外科手術ならホクロを根こそぎ取り除くのでほとんど再発はありません。レーザーの場合は肉眼で確認しながら照射するため、まれに「母斑細胞」を取り残す可能性がありますが、もう一度当て直せば消し去ることができます。
ほくろ除去後の傷が治るまでの期間は?
直径5ミリ以下の小さいホクロをレーザー治療した場合で「2週間」、5ミリを超えるものをメス切除した場合では抜糸に5日程度かかります。
ほくろ除去後の傷跡は残りますか?
ホクロの場所と個人の体質によると思います。ほとんどの場合、傷跡は目立ちませんが、ケロイド体質の人などは傷跡が赤く盛り上がる場合があります。また、顔面よりも四肢や体幹の方が目立ちやすいようです。
料金例
炭酸ガスレーザー(自費の場合)1個1センチまで
10,000円(税抜)
メス切除(保険適用の場合)※1個2センチまで
4,000〜6,000円(税抜)程度
※病理検査は2,000円〜3,000円(税抜)追加。
※大きさや場所によっては皮弁作成が必要になり追加費用が生じます。
ご予約ご予約 メール相談メール相談

大阪梅田 浜口クリニックへのアクセス[ヨドバシ梅田向かい]06-6371-2136

お電話での受付時間 10:00〜19:00土曜日は18:00、祝日は17:00まで